SUBCIETY

Blog

Staff blog[DENIM STYLE]

UPDATE :  2017/3/16

  

 

 

昨日は、ジャケット特集ということで何型かジャケットをご紹介させてもらいましたが、

 

本日は、Subcietyのデニム特集です。

 

 

DAMAGE SKINNY DENIM

 

10 オンスのデニムを使用したスキニーパンツ。 フロント部分にメインロゴ『GLORIOUS』を刺繍、

 

バックポケットにはピスネームを配備。 膝部分に大胆なダメージ加工を施した拘りの1本です。

 

 

Subcietyでリリースしているデニムの中でも1番タイトなシルエットです。

 

トップスにボリュームを出し、タイトなボトムスを合わせる事で

 

スタイルにトレンド感を演出してくれます。

 

パンツに変化を付けたい方にはオススメです。

 

 

TAPERED DENIM-GLORIOUS-

 

テーパードの効いた12オンスセルヴィッチデニム。

 

バックポケットにブランドネームタグと、メインロゴ『GLORIOUS』を刺繍。

 

ウォッシュにより履きやすい仕上がりとなっております。

 

 

シルエットとしては、股上が深く履きやすい形となっていますが、裾に従ってほどよく

 

テーパードが効いているので、履きやすい形ですが、スッキリとしたシルエットとなります。

 

太すぎず細すぎずの1番スタンダードな形ですので、様々なスタイリングに相性が良い1本です。

 

LOOSE STRAIGHT-CRASH-

 

Lee200をモチーフとした、ゆったりとしたストレートシルエットが特徴のデニムパンツ。

 

12オンスの武骨な生地を採用し、太めのシルエットが登場。

 

フロント、バックに刺繍を施し、ダメージ加工を施した一本。

 

 

シルエットは、Subcietyの中でも1番太いモデルとなります。

 

太めのストンと落ちるストレートシルエットが魅力的で、ブーツなどとも相性が良く

 

男臭いスタイリングを組むときには外せない1本ですね。

 

クラッシュを効かせた春らしい加工デニムが特に人気があります。

 

 

店頭では、スキニーからルーズデニムまで幅広くご用意しております。

 

是非、店頭で1度足を通し、お気に入りの1本を見つけてみて下さい。

 

 

STAFF OBARA

 

 

◆Subciety Nagoya

住所:名古屋市中区大須3-8-10 矢場ビル1F 電話:052-251-2862 営業時間:11:00~20:00

Twitter→@Subciety_Nagoya

 

◆RIZE / The BONEZのフロントマン、JESSEプロデュース【JESSE’s Shop&Factory】にて

そこでしか扱っていないSubcietyのグラフィック展開中です! → http://jesse.tokyo/

 

◆ZOZOTOWNにてSubciety、NineMicrophones、Subciety Limited Edition、SBCY Sport、HiLDKを展開中!

http://zozo.jp/shop/subciety/

 

【Twitter】

@Subciety_Tokyo / @NineMicrophones / @Subciety_Nagoya

 

【Facebook】

<Subciety> http://www.facebook.com/subciety

<NineMicrophones> http://www.facebook.com/ninemicrophones

 

【Instagram】

<Subciety> http://instagram.com/subcietyphoto

<Subciet HEAD SHOP>

 

  • Copyright D=EVELOPMENT co.,ltd
    All rights reserved.