SUBCIETY

Blog

HEAD SHOP STAFF SUMMER STYLE

UPDATE :  2017/5/9

  

 

 

本日は、スタッフのお気に入りアイテムを使ったサマースタイルのご紹介です。

 

個人的にも展示会時から気になっていたBOWLING SHIRT S/S-廻-をメインに

スタイリングしたサマースタイル。

レーヨン特有のとろみのある生地感がとても着やすく、気に入っています。

通常のサイズ感と比べ、若干タイトめな作りとなっていますので、

ワンサイズ上げたサイズ選びをオススメします。

クロップドパンツとレザーシューズの組み合わせもポイントの1つです。

 

BOWLING SHIRT S/S-廻- ¥14,040(税込)
生地、シルエット、プリーツ、ピンボタンなど細部にわたるまで伝統的なボウリングシャツを踏襲。
バックには世界遺産や渋谷の象徴であるハチ公像を多彩な刺繍で落とし込み、
フロントには『強さ』をイメージした竜と、『巡り行く』という意味を持つ『廻』の字をAROUND THE WOLRDとかけて刺繍。

 

 

Subcietyを語る上で欠かすことの出来ない、EMBLEM SHIRT。

シンプルな作りなので、様々なアイテムと相性がよく、1枚あると便利な1枚。

GLORIOUSの袖プリントロンTと合わせ、さりげないアクセントをプラスしています。

ベージュのショーツにスリッポンと季節感も演出したスタイリングです。

 

EMBLEM SHIRT S/S-PLAIN- ¥12,960(税込)
Subcietyの定番アイテムでもあるエンブレムシャツをリニューアル。基本的な仕様は弄らずに、拘りのオックスに一度洗いをかけ生地感を柔らかくすることで、より体になじむように。暗めのカラーリングは夏でも男らしく、爽やかになりすぎることなく着られる一枚。

 

EMBROIDERY SHORTS-廻- ¥12,960(税込)
コットンサテンを使用したショーツ。左裾には『強さ』をイメージした竜、右裾には『巡り行く』という意味を持つ『廻』の字をAROUND THE WOLRDとかけて刺繍。贅沢な刺繍が目を引く一本。

 

 

カラーリングをGRAY x BLUEで統一したラフなカジュアルスタイル。

ショートスリーブスウェットは、単調になりがちなサマースタイルに、

変化を与えてくれるアイテムでヘビーローテーションしています。

ステンシル調のプリントが男らしい印象に。

先日リリースされたローキャプとも雰囲気がよく合い、このカラーバランスは

個人的に気に入っています。ショーツの刺繍もさりげない洒落感を演出してくれますね。

 

SWEAT S/S-S.B.C.Y.- ¥9,720(税込)
袖口、裾にリブを配備したショートスリーブスウェット。表地は緩めの編みで、裏はパイル編み仕様。フロント部分にはステンシル調の『S.B.C.Y.』の文字をプリント。着こむほどに味を感じられるアイテム。

 

EMBROIDERY SHORTS-廻- ¥12,960(税込)
コットンサテンを使用したショーツ。左裾には『強さ』をイメージした竜、右裾には『巡り行く』という意味を持つ『廻』の字をAROUND THE WOLRDとかけて刺繍。贅沢な刺繍が目を引く一本。

 

TWO-TONE LOW CAP ¥5,400(税込)
ブルーとサンドベージュのバイカラーロウキャップ。洗いにより、少し毛足がたち、独特のヴィンテージ感をプラス。フロント部分にSubcietyのシンボルロゴを刺繍。

 

 

キレイ目なドレスシャツの印象も強いペイズリー総柄シャツを、小物でカジュアルダウンさせた

サマースタイル。

総柄シャツに抵抗のある方も、このように着崩したスタイリングをすることで

スタイリングに取り入れやすいと思います。

バンダナとサングラスで大人っぽくメリハリの効いたスタイルです。

 

EMBLEM SHIRT-PAISLEY- ¥12,960(税込)
大人らしい印象を与えるバンダナ調のペイズリー生地を採用した、Sbcietyのアイコンともいえるエンブレムシャツのニュータイプ。左胸のワッペンにはGLORIOUSロゴが刺繍で表現され、ボックスシルエットが男らしさを醸し出す一枚。

 

 

裾部分に大胆なラインを入れることで、通常のワークシャツとは一線を画する1枚に。

シンプルなディテールなので、柄ショーツともスタイリングを組む事が出来、

ワークからストリートまで幅広いスタイルが可能となっています。

半袖シャツのバリエーションを増やしたい方にはオススメの1着です。

 

BANDANNA-I’ll stand by you- ¥1,620(税込)
ブランドコンセプトである西海岸カルチャーを体現したバンダナは、ブランド創始者を語る上で外せないアイテム。天使と悪魔、月と太陽の対になるモチーフをブランド独自の感性で落とし込みました。四辺には『STAY REAL』、『FIGHT BACK』のメッセージグラフィックを配置。頭や腕に巻いたり、ポケットから出しておくだけで日々のスタイルアップを確約します。創始者の信念や意志を表現した最高傑作。

 

WORK SHIRT S/S-Sailin’- 14,040(税込)
裾部分に二本ラインを切り替えで施したワークシャツ。バックには架空の貿易会社である『Sea Dive&Co.』のグラフィックを、フロントにはブランドネームを刺繍。そのカラーリングから爽やかな印象を与えるアイテム。

 

Primal S/S  ¥6,264(税込)
『Stayreal』の文字をオールドイングリッシュでプリントした一枚。シンプルな面構えながらもブランドらしさを感じさせる一着。

 

PAISLEY SWEAT SHORTS ¥12,960(税込)
新たなパターンのペイズリー柄を全面にプリントしたブランドならではのスウェットショーツ。サイド部分に配置されたピスタグがアクセント。プルオーバーパーカやスウェットとのセットアップも可能。

 

 

ヘッドギアのバンダナ、Tシャツのプリント、スニーカーのカラーをWHITE x NAVYで合わせた

カジュアルながらも清涼感のあるスタイル。

シンプルながらも存在感のある、フラートンのプリントロゴが1枚で着用した際も

しっかりと主張してくれる1枚です。

半袖シャツのインナーにも使い勝手の良いTシャツです。

 

FULLERTON S/S ¥6,264(税込)
Kが住んでいたオレンジ郡フラートンの文字をフロントに配したTEE。
6.2オンスの天竺を採用し、タフな首リブ、防縮加工を施しました。
肌触りが良く、型崩れしない逸品。

 

 

是非、この夏のスタイリングの参考にしてみて下さい。

 

 

STAFF OBARA

 

 

Subciety HEAD SHOP

住所:東京都渋谷区渋谷1-23-20松本ビルB1F

電話番号:03-3407-6989

GoogleMap

 

 

◆RIZE / The BONEZのフロントマン、JESSEプロデュース【JESSE’s Shop&Factory】にて

そこでしか扱っていないSubcietyのグラフィック展開中です! → http://jesse.tokyo/

 

 

◆ZOZOTOWNにてSubciety、NineMicrophones、Subciety Limited Edition、SBCY Sport、HiLDKを展開中!

http://zozo.jp/shop/subciety/

 

 

【Twitter】

<Subciety> @Subciety_Tokyo

<NineMicrophones> @NineMicrophones

 

 

【Facebook】

<Subciety>  @Subciety

<NineMicrophones>  @NineMicrophones

 

 

【Instagram】

<Subciety>  @subcietyphoto

<Subciet HEAD SHOP> 

<NineMicrophones> @ninemicsphoto

 

 

  • Copyright D=EVELOPMENT co.,ltd
    All rights reserved.